2018年3月29日木曜日

自殺募集の書き込みがあるから広告の掲載はできませんと広告代理店(ファンコミュニケーションズ)に言われました

皆さん、こんばんは。
宛名のないメールの管理人です。

本日、A8とadcropsというアフィリエイトサービスから広告配信停止、退会勧告がきました。
宛名のないメールには広告を配信が出来ないから違うサイトを登録してくれということです。
理由は「自殺募集の書き込みがあるから」だそうです。

これらはIT業界の人ならすぐにわかる超有名広告代理店「ファンコミュニケーションズ」が運営しているサービスです。

今回の件でいろいろな事を感じたので、ブログにしてみました。

1、例の「ツイッターでの自殺募集事件」から少しずつですが、規制の動きが起きているんだなというのを感じました。
以前ここで書いたインターネット・ホットラインセンターの件もそうですが、11年間宛メを運営してきて、「自殺募集」に関して問題視されたのが今年が初めてだからです。

自殺募集が出来てしまうようなサイトに「広告を掲載させない」というのは素晴らしいことだと思います。
そういうサイトが利益を上げることが出来ず閉鎖されるというのは、良い規制方法だと思います。
そういう意味で「ファンコミュニケーションズ」の対応は素晴らしいと思います。


2、宛メがそういう問題あるサイトだと思われて、すごく悲しいです。
もちろん、僕が「ファンコミュニケーションズ」に宛メのことを説明していたわけではありませんので、仕方ないことなんでしょうけど。
それでもやはりそう思われてしまったことが、本当に悲しいです。
そして、もっと宛メの認知度を上げて世間に広く認めてもらわなければいけないのだなと思いました。
今回の「ファンコミュニケーションズ」の行動が「ファンコミュニケーションズ」社だけの規制だとすればまだ宛メに他社の広告を掲載することができますが、広告業界全体の規制になると今後一切広告を掲載できなくなるかもしれません。

あ、ちなみに、グーグルのアドセンスは何年も前に「広告の掲載はできません」とお断りされています。
理由は、アダルトな内容があったからです。
宛メの投稿は「悩み」や「吐き出し」であり、性的な興味のためのものではない、とグーグルには反論しましたがダメでした。

そう考えると、世の中がグーグルの基準に近づいているだけなんだなってことでしたね。

広告に限らず、サーバー会社もそういうサイトには使わせないなんてことも起きかねないと思うと、宛メを続けていくのが難しくなる日が来るのかもしれません。

(そうなると、個人運営のサイトなんて相手にしてもらえないから、早く法人にしないと・・・)


3、今回連絡が来た2つのサービスの対応の違いから学んだことと、ちょっと失礼だなと思った僕の愚痴です。
まずは愚痴・・・。
A8からのメールは「登録しているID」様宛で、●●管理センター名での連絡でした。
なんだか機械的で冷たくて、しかも「対応できない場合は登録を削除します」とまで書かれていました。
宛メはただのサイトだけど、それを作った人がいて利用する人がいて、それぞれの想いが込められているモノなのに、まるで機械相手に対応しているような態度が嫌でしたし、悲しかったです。(それに問題あるサイトって言われていますし・・・)

adcropsは「僕の名前」様宛に、担当者の名前を入れて連絡をくれました。
adcropsは宛メへの「配信停止」のみです。
なので、adcropsの担当者さんには宛メの説明をして、「配信停止は仕方ないけど宛メは問題あるサイトではありません」と伝えておきました。

A8は自分から退会しました。(←子どもっぽい対応でごめんなさい)

と、ここまでは愚痴で、ここからはこの対応で学んだことです。

登録されているのはサイト単位だけどその後ろには誰かしら担当している人がいます。
機械対人間ではなく人間対人間のやり取りなのだから、人として尊重・敬意を持って対応しないと、相手をこんなにも悲しい気持ちにさせるのだなと思いました。

僕も宛メで皆さんにお問い合わせなどでご連絡することもありますし、サイト自体の運営の中でも人として尊重・敬意することを忘れないようにしたいと思いました。

と、いろいろと感じた(愚痴も含め)出来事でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿